コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

難聴の早期発見法 なんちょうのそうきはっけんほう

家庭医学館の解説

なんちょうのそうきはっけんほう【難聴の早期発見法】

 子どもの難聴の早期発見は、母親が難聴を疑うことから始まります。
 生後3か月までは、驚愕反射(きょうがくはんしゃ)(大きな音をさせ、びっくりするかどうかをみる)の有無、生後4か月から2歳までは、探索反応(たんさくはんのう)(音のする方向に頭を向けるかどうかをみる)の有無でわかります。
 1歳を過ぎると、ことばの発達の遅れで発見されることが多くなります。
 また、保健所での健康診査(1歳半児、3歳児など)を、きちんと受けることもたいせつです。

出典 小学館家庭医学館について 情報

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android