コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

難聴の早期発見法 なんちょうのそうきはっけんほう

1件 の用語解説(難聴の早期発見法の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

なんちょうのそうきはっけんほう【難聴の早期発見法】

 子どもの難聴の早期発見は、母親が難聴を疑うことから始まります。
 生後3か月までは、驚愕反射(きょうがくはんしゃ)(大きな音をさせ、びっくりするかどうかをみる)の有無、生後4か月から2歳までは、探索反応(たんさくはんのう)(音のする方向に頭を向けるかどうかをみる)の有無でわかります。
 1歳を過ぎると、ことばの発達の遅れで発見されることが多くなります。
 また、保健所での健康診査(1歳半児、3歳児など)を、きちんと受けることもたいせつです。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

難聴の早期発見法の関連キーワード難聴防疫聾唖感音難聴心因性難聴ディスコ難聴伝音難聴ムンプス難聴頭影効果肺がんの早期発見

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone