雨後の筍(読み)ウゴノタケノコ

  • =茸(きのこ)
  • うご
  • の=筍(たけのこ)
  • 雨後
  • 雨後(うご)の筍(たけのこ)

とっさの日本語便利帳の解説

雨上がりにタケノコが続々と生えることから、続いて同類のものが多く発生することをいう。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

(雨が降ったあとには、筍が続々と生えるというところから) 物事が次々に現われたり起こったりすることのたとえ。
※如是放語(1898)〈内田魯庵〉「雨後(ウゴ)の茸(キノコ)の如く簇生したる会社」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ことわざを知る辞典の解説

物事が次々に発生することのたとえ。雨あがりには、が続々と生え出るところからいう。

[使用例] 総選挙の期日が切迫してくると、全国の有造無造ども、雨後の筍よろしく、彼方にも候補者、此方にも候補者と名乗りを揚げて[宮武外骨*面白半分|1917]

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

雨後の筍の関連情報