コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雨滝山 あまだきやま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雨滝山
あまだきやま

香川県東部,津田,寒川,大川の町境にある山。標高 253m。標高 100m以上は円錐型であるが,山麓は平坦な台地状の尾根の連なりとなる。円錐型の部分は斜方輝石角閃安山岩,山麓部は花崗岩類から成る。南西麓には弥生・奈良時代の遺跡が多く,雨滝山遺跡と呼ばれている。アカマツ林,アカマツ混合林におおわれ,鳥類の宝庫。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

雨滝山の関連キーワード寒川(香川県)

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android