雪中の筍(読み)セッチュウノタケノコ

精選版 日本国語大辞典の解説

せっちゅう【雪中】 の 筍(たかんな・たけのこ)

(中国、三国呉の孟宗が、冬に竹林に入って哀歎したところ、母の好む筍を得たという「呉志‐孫皓伝」の注に引かれる「楚国先賢伝」に見える故事から出たことば) 有り得ないもののたとえ。得がたいもののたとえ。また、孝心の深いたとえ。
※古今著聞集(1254)一八「むかしは雪中たかんな、しはすのやまももも、ねがふにしたがひてもとめ出しけり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる