雪崩を打つ(読み)ナダレヲウツ

大辞林 第三版の解説

なだれをうつ【雪崩を打つ】

多くの人が一度にどっと移動する。 「 - ・って敗走する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

なだれ【雪崩】 を 打(う)

なだれが起こるように、大量の人などが一時に動く。多く「なだれをうって…する」の形で用いる。
※経国美談(1883‐84)〈矢野龍渓〉後「人雪崩(ナダレ)を打て城外指して散走せり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

雪崩を打つの関連情報