雪焼(読み)ゆきやけ

精選版 日本国語大辞典「雪焼」の解説

ゆき‐やけ【雪焼】

〘名〙
① 雪の降る頃、寒さに皮膚がこごえてただれること。霜焼(しもやけ)凍傷。《季・冬》
※承応版狭衣物語(1069‐77頃か)三「ゆきやけに足もはれて悩ましうおぼさるれば」
② 雪に反射する紫外線にあたって皮膚が黒くなること。また、その皮膚炎。《季・冬》
不在地主(1929)〈小林多喜二〉一五「雪焼けした赭黒い顔に、長い間そらなかったが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android