コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雪霰 ユキアラレ

デジタル大辞泉の解説

ゆき‐あられ【雪×霰】

雲から落下する直径数ミリの白く不透明なの粒。結晶に微細な氷粒が付着してでき、球形または円錐形で壊れやすい。→

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ゆきあられ【雪霰】

雪の結晶に微細な氷の粒が付着した直径2~5ミリメートル の球形もしくは円錐形のこわれやすい氷の粒子。雪に前後して、気温が摂氏0度ぐらいのときに一時的に降る。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

雪霰の関連キーワード水の変態氷あられ氷霰降水粒子

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android