コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 アラレ

4件 の用語解説(霰の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あられ【×霰】

雲の中で雪に微小な水滴が凍りつき、白色の小さい粒となって降ってくるもの。雪霰(ゆきあられ)氷霰(こおりあられ)とがある。気象用語では直径5ミリ未満が霰、5ミリ以上が雹(ひょう) 冬》「呼かへす鮒売(ふなうり)見えぬ―かな/凡兆
料理で、小さく賽(さい)の目に切ること。また、切ったもの。「に刻む」
干飯(ほしいい)を煎(い)ったもの。
霰餅(あられもち)」に同じ。
霰小紋」に同じ。「地の織物」
霰蕎麦(そば)」に同じ。

さん【霰】[漢字項目]

[音]サン(慣) セン(呉)(漢) [訓]あられ
あられ。「霰弾(さんだん)急霰(きゅうさん)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

あられ【霰】

①小さく切った餅(もち)を乾かし、焼いたり揚げたりして、塩・しょうゆ・砂糖などで味をつけた菓子。えび・のり・ごまなどを用い、さまざまな風味を加えて作るものもある。細かい粒状に作ったものは茶漬けに用いる。◇「あられ餅」の略だが、「あられ餅」は餅を小さくさいの目に切って乾かした状態のものをいうことが多い。「かきもち」「おかき」ともいうが、「あられ」は比較的小さなものをいうことが多い。茶漬け用のものは京都で「ぶぶあられ」ともいう。
②ほしいいをいって細かくしたもの。湯に浮かせて飲む。
③野菜などを小さなさいの目に切ったもの。「あられに切る」などのように用いる。⇒あられ切り

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

あられ【霰】

水蒸気が氷の粒になって降ってくるもの。雪と雹ひようとの中間の状態のもの。雪霰ゆきあられ・氷霰こおりあられの総称。 [季] 冬。 《 石山の石にたばしる-かな /芭蕉 》
餅を賽さいの目などに細かく切ったもの。炒ったり揚げたりして味を付けた食品もいう。あられもち。
乾飯ほしいを炒って細かくし、湯に浮かして飲むもの。
織物・染め物などで、小さな正方形を規則的に表した模様。また、霰のような大小の白い斑の模様。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

霰の関連キーワード小炭欠餅しつけた餅海鼠餅菱餅折ぎ餅餅花煎り焼餅欠き餅/掻き餅

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

霰の関連情報