コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雲州そろばん うんしゅうそろばん

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

雲州そろばん[文房具]
うんしゅうそろばん

中国地方、島根県の地域ブランド。
仁多郡奥出雲町で生産されている。江戸時代後期の天保年間(1830年〜1844年)、大工・村上吉五郎が広島のそろばんを手本に地元の梅・煤竹・樫を使ってつくったのが端緒。その後、珠を削る手回しろくろが開発されてから生産量が増加した。堅牢で使いやすい高級そろばんとして全国に知られている。島根県ふるさと伝統工芸品。1985(昭和60)年5月、通商産業大臣(現・経済産業大臣)によって国の伝統的工芸品に指定。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

世界大百科事典内の雲州そろばんの言及

【横田[町]】より

…山間の高冷地のため,農業は畜産,野菜や果樹の栽培が主であり,特産に仁多牛,仁多米がある。また幕末から作られている雲州そろばんは,播州そろばん(兵庫県小野市)と並んで全国に知られている。明治初期まで砂鉄採取によるたたら製鉄が盛んに行われ,鉄穴(かんな)流しの跡の平たん地は水田化されている。…

※「雲州そろばん」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

雲州そろばんの関連キーワード島根県仁多郡奥出雲町亀嵩島根県仁多郡奥出雲町横田奥出雲銘木製品奥出雲(町)横田[町]藤木 吉松仁多[町]中国地方藤木吉松横田亀嵩仁多

雲州そろばんの関連情報