コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手回し テマワシ

デジタル大辞泉の解説

て‐まわし〔‐まはし〕【手回し】

手で回すこと。また、そのもの。「手回しの轆轤(ろくろ)」
事前に手くばりすること。手配。用意。「幹事の手回しがいい」
都合のよいこと。便利。
「紙花下されなば宿へ断り申して、一匁引いて取りかへてもらふが―なるべし」〈浮・禁短気・六〉
金銭のやりくりをすること。
「―自由なるまでは、二百年でも待つ金子(きんす)」〈浄・八百屋お七

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

てまわし【手回し】

器具・機械を手で回すこと。また、その器具・機械。
前もって手配りすること。準備。支度。 「 -がいい」
金のやりくり。 「何や彼や内証の-は悪うなる/合巻・正本製」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

手回しの関連情報