手回し(読み)テマワシ

デジタル大辞泉の解説

て‐まわし〔‐まはし〕【手回し】

手で回すこと。また、そのもの。「手回しの轆轤(ろくろ)」
事前に手くばりすること。手配。用意。「幹事の手回しがいい」
都合のよいこと。便利。
「紙花下されなば宿へ断り申して、一匁引いて取りかへてもらふが―なるべし」〈浮・禁短気・六〉
金銭のやりくりをすること。
「―自由なるまでは、二百年でも待つ金子(きんす)」〈浄・八百屋お七

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android