コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雲州蔵帳 うんしゅうくらちょう

世界大百科事典 第2版の解説

うんしゅうくらちょう【雲州蔵帳】

出雲国(島根県)松江藩主松平不昧(ふまい)(松平治郷)が収集した道具の目録帳。《雲州名物帳》《雲州道具買入帳》と称して一定せず,内容もまた若干異にする類本世上に多く流布しており,底本とすべきものはない。しかし本書の原初的な形態は,不昧晩年の1811年(文化8)には成立していたものと考えられる。各種異本に共通しているのは,全体を7部構成にしている点で,〈七冊名物記〉という称がおこるゆえんもここにある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の雲州蔵帳の言及

【コレクション】より

…こうした中で,江戸時代を通じてもっとも精選された茶道具の収集は,出雲松江の藩主松平治郷(不昧)によるものである。不昧は多くの名物をはじめ,古書画・古陶磁を集め,その〈次第〉すなわち箱や仕服等をととのえ,品質によって等級を分かち,あがなった日時,相手,金額を記載した《雲州蔵帳》を残した。小堀遠州による《遠州蔵帳》を飛躍的に発展させたものともいえるが,日本における個人収集の記録として先駆的意義をもっている。…

※「雲州蔵帳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

雲州蔵帳の関連キーワード中興名物出雲国茶入蔵帳

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

雲州蔵帳の関連情報