コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

零式水上観測機 れいしきすいじょうかんそくき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

零式水上観測機
れいしきすいじょうかんそくき

日本海軍の軍用機。戦艦および重巡洋艦に搭載され,主砲の弾着観測に使用された水上機三菱重工業が開発し,1940年制式採用。空戦性能もよく,太平洋戦争初期には水上機母艦に搭載され,また前線の水上基地にも配備された。単発,乗員2,複葉単浮舟,全長 9m,総重量 2550kg,最高速度時速約 370km,航続距離 1070km。武装は 7.7mm機関銃3,60kg爆弾2。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

零式水上観測機の関連情報