コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水上機母艦 すいじょうきぼかんseaplane tender

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

水上機母艦
すいじょうきぼかん
seaplane tender

水上機を搭載し,発進,あるいは収容する海軍艦艇。カタパルトで射出するか,海面に降ろし,水上滑走で離水させる。収容は海面に着水させたうえで揚収する。飛行甲板はもたない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

すいじょうき‐ぼかん〔スイジヤウキ‐〕【水上機母艦】

水上機を搭載し、その行動基地としての役割をもつ軍艦。飛行甲板をもたず、発艦にはカタパルトを、収容には起重機を用いた。第一次大戦ごろから出現したが、航空母艦の発達とともに姿を消した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すいじょうきぼかん【水上機母艦】

フロート付きの水上偵察機を搭載した艦。特殊潜航艇母艦を兼ねた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の水上機母艦の言及

【航空母艦】より


[沿革]
 航空機が実用化されてまもなく,水上機を軍艦に搭載し,上空からの偵察,攻撃に使用することが考えられた。小型水上機を海上から離水発進させ,帰投着水するとクレーンで艦上に揚収する水上機母艦が出現し,第1次世界大戦のころには,空母が誕生するまでの過渡期的存在として活躍した。しかし離着水,揚収作業は時間がかかって非効率であること,水上機はフロートをつけており陸上機に比べて鈍重で空戦能力が劣ることから,直接陸上機を発着艦させることが考えられた。…

※「水上機母艦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

水上機母艦の関連キーワード千歳型航空母艦零式水上観測機零式水上偵察機特殊潜航艇ラングレイ特設艦船水上機千代田千歳

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android