コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水上機 すいじょうきseaplane

翻訳|seaplane

6件 の用語解説(水上機の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

水上機
すいじょうき
seaplane

水の上で発着できる飛行機。陸上機の車輪をフロートに替えたフロート機と,機体が舟になっている飛行艇がある。また水上機に車輪をつけた水陸両用機や,水,陸地,雪,氷,泥の上で離着できる多用機もある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

すいじょう‐き〔スイジヤウ‐〕【水上機】

水面で離着水できる航空機。陸上機の車輪の代わりにフロートをつけたものと、胴体が船のようになっている飛行艇とがある。水上飛行機

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

水上機【すいじょうき】

水上に発着できる飛行機。胴体下部に舟形の浮体(フロート)を取り付けたもの。第2次大戦まで盛んに使われたが,今日では地上交通が不便で川や湖の多いカナダなどの地方で使用されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

すいじょうき【水上機 hydroplane】

水上に発着するように作られた飛行機。ふつうの飛行機(陸上機)と違って車輪式の着陸装置がなく,代りにフロートfloatと呼ぶ舟形の浮きを機体の下につけていて,これで水に浮き,水上を滑走して離水や着水をする。胴体がフロートを兼ね,舟形の艇体となっているものは,ふつう飛行艇と呼んで水上機とは区別する。また水上機や飛行艇に車輪式の着陸装置をつけ,水上にも陸上にも発着できるようにしたものは水陸両用機呼ばれる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

すいじょうき【水上機】

「水上飛行機」の略。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水上機
すいじょうき
hydroplaneaquaplane

海や河川、湖などの水面で離発着できる飛行機。水上滑走や停留に適するよう、陸上機の車輪のかわりにフロート(浮き舟)が用いられる。現在は陸上の飛行場がかなり整備されており、また、飛行機の離着水に適した水面はそう多くないこと、陸上機のほうが空気抵抗が少なく操縦や整備などが容易なため、水上機は限られた用途にのみ用いられる。同じ水面で離発着する飛行機で、胴体そのものを舟の形にして水上滑走や停留ができるものに飛行艇flying boatがあるが、水上機とは別の機種として扱うのが普通である。[落合一夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

水上機の関連情報