コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水上機 すいじょうきseaplane

翻訳|seaplane

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

水上機
すいじょうき
seaplane

水の上で発着できる飛行機陸上機車輪フロートに替えたフロート機と,機体が舟になっている飛行艇がある。また水上機に車輪をつけた水陸両用機や,水,陸地,雪,氷,泥の上で離着できる多用機もある。史上初めてのフロート式水上機が離着水に成功したのは 1911年で,アメリカ合衆国のグレン・カーティスによる。その後,軍用機として広く使われ,第1次世界大戦,第2次世界大戦の戦間期には民間旅客機としても多用された。しかし多くは波に弱く,静かな水面上でなければ離着水できない欠点もある。このため波のある水面での離着水は低速で,できるだけ短距離で行なわなければならず,水による腐食の問題もあって,陸上機に比べると開発費が高い。このほか離着水の可能なヘリコプタもある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

すいじょう‐き〔スイジヤウ‐〕【水上機】

水面で離着水できる航空機。陸上機の車輪の代わりにフロートをつけたものと、胴体が船のようになっている飛行艇とがある。水上飛行機

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

水上機【すいじょうき】

水上に発着できる飛行機。胴体下部に舟形の浮体(フロート)を取り付けたもの。第2次大戦まで盛んに使われたが,今日では地上交通が不便で川や湖の多いカナダなどの地方で使用されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

すいじょうき【水上機 hydroplane】

水上に発着するように作られた飛行機。ふつうの飛行機(陸上機)と違って車輪式の着陸装置がなく,代りにフロートfloatと呼ぶ舟形の浮きを機体の下につけていて,これで水に浮き,水上を滑走して離水や着水をする。胴体がフロートを兼ね,舟形の艇体となっているものは,ふつう飛行艇と呼んで水上機とは区別する。また水上機や飛行艇に車輪式の着陸装置をつけ,水上にも陸上にも発着できるようにしたものは水陸両用機と呼ばれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

すいじょうき【水上機】

「水上飛行機」の略。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水上機
すいじょうき
hydroplaneaquaplane

海や河川、湖などの水面で離発着できる飛行機。水上滑走や停留に適するよう、陸上機の車輪のかわりにフロート(浮き舟)が用いられる。現在は陸上の飛行場がかなり整備されており、また、飛行機の離着水に適した水面はそう多くないこと、陸上機のほうが空気抵抗が少なく操縦や整備などが容易なため、水上機は限られた用途にのみ用いられる。同じ水面で離発着する飛行機で、胴体そのものを舟の形にして水上滑走や停留ができるものに飛行艇flying boatがあるが、水上機とは別の機種として扱うのが普通である。[落合一夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

水上機の関連キーワードカーティス(Glenn Hammond Curtiss)グレン・ハモンド カーティスアラン・H. ロッキードプリンス・ハラルド海岸リュツォー・ホルム湾R.J. ミッチェルリュツォ・ホルム湾詫間海軍航空隊千歳型航空母艦天草海軍航空隊零式水上偵察機零式水上観測機巡潜型潜水艦ブタリタリ島福本 和也ダートマス川西 龍三水上機母艦安藤 孝三ラングレイ

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

水上機の関連情報