コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電子書籍端末 デンシショセキタンマツ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

電子書籍端末
でんししょせきたんまつ

電子書籍を表示するための専用端末。日本では2004年(平成16)にソニーが「リブリエLIBRI」を発売したのが端緒である。このときには書籍をデータ化したコンテンツの数が少なく普及しなかったが、2007年にアメリカのアマゾン社が、多くのコンテンツをラインナップしたうえで「キンドルKindle」を発売したことで普及期に入った。ソニーも「リーダーReader」のブランド名で再参入し、アメリカ最大手書店のバーンズ&ノーブルBarnes & Nobleが「ヌックNOOK」で参入するなど、複数の会社が電子書籍端末に乗り出したことで市場が形成された。日本でも2012年11月に日本語版キンドルが発売された。しかし、電子書籍はiPad(アイパッド)のようなカラー液晶を用いたタブレット型端末でも読むことができるため、専用端末の普及は頭打ちの傾向にある。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

電子書籍端末の関連キーワードTSUTAYA GALAPAGOSアマゾン(オンラインストア)LISMOブックストアGoogle PlaySony Tabletアマゾン・ドット・コムkobo touch小型家電リサイクルReaderストア出版デジタル機構電子ペーパーReaderLISMOkoboホントラブー

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

電子書籍端末の関連情報