コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電子書籍 デンシショセキ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

電子書籍

コンピューターなどで読む文章を中心とした電子出版物のこと。コンテンツは有料と無料のものがあり、インターネットからダウンロードして、携帯電話、パソコン、専用の電子書籍リーダーなどで閲覧する。当初は、既存の小説やマンガなどを電子化したものが主流だったが、最近では、ケータイ小説のように、最初からデジタルコンテンツとして制作されたものが増えてきている。出版社側は印刷や流通のコストがかからず、読者は紙の書籍に比べて安価で、本の収納に困らない、といったメリットがある。現在発売されている電子書籍リーダーとしては、Amazon.comの「Kindle」やBarnes&Noble社の「nook」などがある。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

パソコンで困ったときに開く本の解説

電子書籍

デジタル機器の画面で読む「書籍」です。既存の印刷物をそのままデジタルデータに変換したものから、デジタル機器の特性に合わせて映像や音が流れたり、文字サイズを変更できるようにしたもの、内容が自動的に更新されるものなど、いろいろなタイプの電子書籍があります。電子書籍は、独立したソフトとして提供されたり、「電子ブックリーダー」などと呼ばれる専用の端末やソフト向けにデータとして提供されたりします。電子ブックリーダー専用機器としては、米アマゾンの「Kindle」が有名です。iPadやiPhoneも、アプリを追加することでブックリーダーとして使えます。アプリは電子書籍の販売サービスごとに提供されており、サービスごとに入手可能な書籍が違います。通常は、著作権を保護するためにブックリーダーごとにコピー防止機能が採用されており、保護された電子書籍を別の会社のリーダーで読むことはできません。
⇨EPUB、iPad、iPhone、
Kindle、koboタブレット

出典|(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について | 情報

デジタル大辞泉の解説

でんし‐しょせき【電子書籍】

electronic book》電子化された書籍データ。紙に印刷するのではなく、スマートホンタブレット型端末、パソコン、専用の電子書籍リーダーなどにデジタルデータを取り込んで閲覧する。データの形式にはPDFJPEGのほか、EPUBXMDF.book(ドットブック)などが使用され、文字以外に動画や音声を再生できるものもある。電書デジタル書籍デジタルブックeブック
[補説]電子ブックはソニーの登録商標

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

電子書籍【でんししょせき】

電子化・デジタル化されている書籍。フォーマットやデータ形式を問わず,電子化されている書籍のすべてをさす。従来は,電子ブックなどの呼称が用いられていたが,電子書籍を読むための機器が急速に多様化し,電子書籍の普及が進んでいるため,近年では書籍そのものをさす言葉としてこの言葉が一般的に用いられている。
→関連項目キンドル著作権電子出版電子出版権電子図書館

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

IT用語がわかる辞典の解説

でんししょせき【電子書籍】

専用の電子機器(電子書籍リーダー)やパソコン、タブレット端末スマートフォンなどの画面上で読むことができる、本の内容をデジタルデータ化したもの。音声や動画なども収めることができる、紙の本のように場所をとらない、何冊分でも持ち歩けるなどのメリットがある。使用する機器にあらかじめ閲覧するためのソフトウェアをインストールし、インターネット上の書店で購入(著作権の切れた作品を無料提供するサイトもある)してダウンロードする。ファイル形式EPUB(イーパブ)やドットブック、XMDFなど複数あり、それぞれソフトウェアが異なる。

出典|講談社IT用語がわかる辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

電子書籍
でんししょせき

専用の端末や、タブレットやスマートフォンなどの携帯端末、パソコンで読むことのできるデジタルデータ化された書籍。電子ブック、デジタル書籍、デジタルブック、Eブック、オンライン書籍ともよばれる。日本においては、1990年代よりCD-ROM(ロム)をメディアに使った電子書籍のリリースが始まった。ハードメーカーでは、1990年(平成2)にソニーが8センチメートルCD-ROMを使った「データディスクマン」を、1993年にはNECが3.5インチのフロッピーディスクを使った「デジタルブックプレーヤー」を発売した。ともに専用端末を使用するもので、コンテンツには辞典や実用書、趣味の書籍などが用意された。
 株式会社ボイジャーは電子出版専用のファイル形式を策定した「エキスパンドブック日本語版」を1993年7月にリリース、のちに日本語の縦書きやルビにも対応した電子書籍閲覧ソフトを開発した。同社は、1996年に「新潮文庫の100冊」をCD-ROMで発売するなど、この分野の先駆者となった。コンテンツ制作においては、株式会社イーブックイニシアティブジャパンが2000年(平成12)5月に設立され、電子書籍の配信を開始。2004年には松下電器産業(現、パナソニック)から電子書籍端末「Σ(シグマ)ブック」が発売された。
 今日のように電子書籍が普及する端緒となったのが、アメリカのネット通販会社であるアマゾンが2007年に発売した「アマゾン・キンドルAmazon Kindle」という専用端末の登場で、2009年より日本でも発売が開始された。アマゾンから購入した電子書籍は、専用アプリによってタブレット端末やスマートフォン、パソコンからも読むことができる。さらに、2010年にアップルが発売したタブレット端末、iPad(アイパッド)の大ヒットによって電子書籍の普及は加速した。
 2015年時点で、国内で電子書籍を販売するおもなストア(サイト)には、Kindleストア(アマゾン)、eBook(イーブック)Japan(イーブックイニシアティブジャパン)、honto(ホント)(トゥ・ディファクト)、楽天Kobo(コボ)(楽天)、Reader Store(ソニー)、紀伊國屋(きのくにや)書店ウェブストア(紀伊國屋書店)などがある。また、各出版社でも電子書籍販売ストアを開設しているところが増えている。
 電子書籍のフォーマットとしては、オープンソースのEPUB(イーパブ)とアドビが提供するPDFが普及している。日本語に向いた形式としては「.book(ドットブック)」(ボイジャー)、XMDF(シャープ)などがある。また、Kindleでは、AZWという独自規格が用いられている。それぞれの規格には、電子書籍ストアが無料で提供している閲覧用のアプリが対応しているので、ユーザーはフォーマットを意識しないで読むことができる。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

図書館情報学用語辞典の解説

電子書籍

従来は印刷して図書の形で出版されていた著作物を,電子メディアを用いて出版したもの.従来の図書とは異なり,〈1〉表示方式,出力方式を読者が自由に変更できる,〈2〉音声や動画を含めたマルチメディアにすることが可能である,〈3〉項目間にリンクを張ったハイパーテキストにすることが可能である,〈4〉コンピュータまたは専用の機械がなければ読むことができない,などの特徴がある.コンテンツはメモリーカード,インターネットなどで頒布され,電子書籍専用端末,コンピュータ,スマートフォンやタブレット型端末などの携帯情報端末を用いて閲覧する.

出典|図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について | 情報

電子書籍の関連キーワードSoftBankブックストアKindleアンリミテッドkoboイーブックストアビブリオリーフSP02LISMOブックストアデジタルブックリーダー電子ブックビューアーKindleストアReaderストア電子書籍ビューアー電子書籍販売サイトeブックリーダーソーシャルDRMページレイアウトペーパーレイターiブックストアコンピューター電子書籍ストア電子コミックブックライブ

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

電子書籍の関連情報