コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電子看板 デンシカンバン

3件 の用語解説(電子看板の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

でんし‐かんばん【電子看板】

デジタルサイネージ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

電子看板

液晶ディスプレーなどを使った電子情報表示装置パソコンなどからネットを通じてデータを配信する。画質がきれいで、紙のポスターとは違い、多彩な情報を瞬時に伝えられる。従来の電光掲示板などと比較して、薄くて軽いために様々なシーンで利用が可能△維持管理がしやすい△タッチパネル式の装置もあり、情報検索など双方向的な使い方もできる、などの利点があるとされる。広告業界などでは、英語で「デジタルサイネージ」と呼んで成長分野と位置づけている。

(2010-07-18 朝日新聞 朝刊 2総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

電子看板
でんしかんばん
digital signage

ニュース、広告、案内などの映像や文字情報をデジタル表示する装置。英語でデジタルサイネージという。液晶ディスプレーなどで表示するため紙より画質がきれいで、インターネットを使って情報通信することで表示内容を瞬時に切り替えることが可能なため、ポスターなどと異なり、取り替える手間がかからない。日時や場所、装置の前を通る人の特性に応じて異なる情報を表示できる利点もある。タッチパネルや携帯電話を利用して双方向の情報のやりとりもでき、従来の屋外広告や電光掲示板などにかわる新たな媒体として注目される。
 日本では2007年(平成19)、産学共同で電子看板の普及を目ざすデジタルサイネージコンソーシアムが発足し、情報配信システムの標準化などに取り組んでいる。街角の大型広告装置として普及が始まったが、ディスプレー価格の低下により、学校、病院、観光地、中小商店、家庭内での情報提供装置へと用途が広がっている。立体映像技術や画像認識技術を取り入れた電子看板も登場し、「デジタルサイネージ市場総調査2015」によると、2014年の電子看板の国内市場規模は1054億円に達した。また、同調査ではオリンピック・パラリンピック・東京大会が開催される2020年には、2700億円規模になると推定している。[矢野 武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

電子看板の関連キーワード液晶ディスプレイディスプレーELディスプレー液晶ディスプレーカラーディスプレー透過型液晶ディスプレーパネルディスプレー反射型液晶ディスプレー半透過型液晶ディスプレーフラットパネルディスプレー

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

電子看板の関連情報