コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電導度滴定 でんどうどてきていconductometric titration

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

電導度滴定
でんどうどてきてい
conductometric titration

滴定液の電気伝導度を測定しながら行う滴定をいう。導電率滴定ともいう。滴定反応に電解質が関与するときは,滴定の進行に従って滴定液の電導度が変化し,滴定終点では電導度の急変があるのが普通である。中和,酸化還元,沈殿,キレート滴定などいろいろな型の滴定に応用することができる。特に被滴定液が着色しているため指示薬の使用が困難な場合や,非水溶液中の滴定に応用できて便利である。近年,自動化された装置が開発され使用されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

電導度滴定【でんどうどてきてい】

滴定終点の決定に電導度を利用する滴定法。滴定しながら滴下量とその溶液の電導度の変化を測定し,終点を判定する。中和滴定,沈殿滴定などで指示薬を用いにくい時にしばしば用いられる。
→関連項目高周波滴定

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

電導度滴定の関連キーワード電流滴定法分析用機器電気滴定

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android