コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電導度滴定 でんどうどてきてい conductometric titration

2件 の用語解説(電導度滴定の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

電導度滴定
でんどうどてきてい
conductometric titration

被滴定液の電気伝導度を測定しながら行う滴定をいう。導電率滴定ともいう。滴定反応に電解質が関与するときは,滴定の進行に従って滴定液の電導度が変化し,滴定終点では電導度の急変があるのが普通である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

電導度滴定【でんどうどてきてい】

滴定終点の決定に電導度を利用する滴定法。滴定しながら滴下量とその溶液の電導度の変化を測定し,終点を判定する。中和滴定沈殿滴定などで指示薬を用いにくい時にしばしば用いられる。
→関連項目高周波滴定

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

電導度滴定の関連キーワード半導体電気伝導率塩分電気滴定サリノメーター電気伝導度伝導度有機導体アーチーの法則伝導度滴定

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone