電導度滴定(読み)でんどうどてきてい(英語表記)conductometric titration

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

電導度滴定
でんどうどてきてい
conductometric titration

滴定液の電気伝導度を測定しながら行う滴定をいう。導電率滴定ともいう。滴定反応に電解質が関与するときは,滴定の進行に従って滴定液の電導度が変化し,滴定終点では電導度の急変があるのが普通である。中和,酸化還元,沈殿,キレート滴定などいろいろな型の滴定に応用することができる。特に被滴定液が着色しているため指示薬の使用が困難な場合や,非水溶液中の滴定に応用できて便利である。近年,自動化された装置が開発され使用されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

電導度滴定【でんどうどてきてい】

滴定終点の決定に電導度を利用する滴定法。滴定しながら滴下量とその溶液の電導度の変化を測定し,終点を判定する。中和滴定,沈殿滴定などで指示薬を用いにくい時にしばしば用いられる。
→関連項目高周波滴定

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android