急変(読み)きゅうへん

精選版 日本国語大辞典「急変」の解説

きゅう‐へん キフ‥【急変】

〘名〙
① (━する) 状況・状態が急に変わること。
※良人の自白(1904‐06)〈木下尚江〉中「永い病気なんだから、何時如何急変が来るか図(はか)られない」
※助左衛門四代記(1963)〈有吉佐和子〉二「天候はまた急変して雨が降り続いた」
② 急に起こった変事。〔和英語林集成(初版)(1867)〕
※伊藤特派全権大使復命書附属書類(1885)天津談判「一旦急変を生ずるが如きあらば、今日に於て談判を要するの件は一層の錯綜を極むるに至らん」 〔漢書‐平帝紀〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「急変」の解説

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「急変」の解説

【急変】きゆう(きふ)へん

にわかの大事。〔漢書、車千秋伝〕會(たまたま)衞太子、江充の譖敗(しんはい)すると爲りて久し。千秋、變を上(たてまつ)り、太子の(うった)ふ。

字通「急」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android