コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

滴定 てきてい titration

翻訳|titration

7件 の用語解説(滴定の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

滴定
てきてい
titration

容量分析で用いられる定量分析操作の1つ。濃度未知の試料溶液の一定量中に含まれる問題の物質の全量と反応するのに必要な既知濃度の試薬溶液 (標準溶液という) の体積を測定し,その量から問題の物質の量を求める方法。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

てき‐てい【滴定】

容量分析の際の操作。ふつう、濃度のすでにわかっている標準溶液をビュレットから試料溶液に滴下し、反応に必要な滴下量から試料溶液の濃度を計算で求める。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

滴定【てきてい】

容量分析で行う操作の一つ。通常,試薬溶液ないし試料溶液をビュレットにとり,ビーカー中の一定量の試料ないし試薬溶液に滴下して反応の終点を決定し,その滴下量から試料成分を定量する方法。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

滴定

 溶液内の試料物質の量を定量する目的で,その物質と反応する物質を濃度を特定して溶解しておき,反応を利用して消費された濃度のわかった物質の方の体積から試料物質の量を定量する方法.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

てきてい【滴定 titration】

物質の量を知るために,濃度既知の他の溶液を加えていくこと。一定量の試料にビュレットから他の溶液を加え,終点までに要した体積から濃度を決定する容量分析の操作をさすことが多い。たとえば海水中の塩化ナトリウムの量を知る目的で,濃度のわかっている硝酸銀溶液を加える。そのときの反応はAg+Cl―→AgClであり,AgClは沈殿する。ClがAgと反応し終わった時点で,指示薬のフルオレセインが沈殿に吸着して桃色に変わるので,それまでに加えた硝酸銀の体積からClの量を知ることができる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

てきてい【滴定】

( 名 ) スル
定量分析の操作の一。試料溶液の一定体積をとり、これに含まれる目的成分と反応する物質の濃度既知の標準溶液を加えていき、目的成分の全量が反応するのに要した標準溶液の体積から、目的成分の濃度、あるいは全量を求めること。用いる反応により中和滴定・酸化還元滴定・沈殿滴定などがある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

滴定
てきてい
titration

容量分析を行う際に用いられる方法あるいはその操作をいう。もっとも普通に行われる操作は、被験物質Aを含む溶液(試料)に、Aと定量的に反応する物質Bの溶液(濃度既知のもの、すなわち標準液)をビュレットから滴下し、Aの全量が定量的に反応し終わる(当量点、現実には終点)までに加えられたBの量を測定し、これによりAを定量する。当量点は指示薬の変色やその他物理化学的手段で求め、この量から計算によって濃度を求める(このような操作をとらない滴定法もある。たとえば、電量滴定、ガス滴定、重量滴定など)。常温あるいはすこし温めた状態で定量的に、かつ速やかに進む反応であって、反応の終点を正しく知ることのできる反応はすべて利用でき、反応の型によって中和滴定酸塩基滴定)、酸化還元滴定沈殿滴定、錯滴定(多くの金属イオンと安定なキレートを生成する滴定試薬を用いるキレート滴定を含む)などに分類される。また滴定剤の名称(たとえばヨウ素滴定過マンガン酸塩滴定)や反応の終了点の検知に用いる方法(たとえば電位差滴定電流滴定高周波滴定温度滴定)などによってもよばれている。[高田健夫]
『G・D・クリスチャン著、土屋正彦他監訳『分析化学1 基礎』(1989・丸善) ▽日本分析化学会編『入門分析化学シリーズ 定量分析』(1994・朝倉書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

滴定の関連キーワード臨界ミセル濃度還元粘度希釈法ギブスの吸着等温式限界濃度合成培地糖質(差引き)内標準物質内標準法液底体の法則

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

滴定の関連情報