コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電気血栓作成法 でんきけっせんさくせいほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

電気血栓作成法
でんきけっせんさくせいほう

クモ膜下出血に対する先端的な治療法。銅線,カドミウム,バリリウムなどの細いワイヤを動脈瘤 (りゅう) に刺して電流を通じ,一瞬のうちに凝固させて血栓化する。クモ膜下出血の大半は脳動脈瘤の破裂によって起こるが,通常の処置が困難な症例について,この方法が用いられる。「微小銅線による脳血管性病変の電気的凝固治療」の名で高度先端医療に指定されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android