コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電波障害地帯 でんぱしょうがいちたいradio wave interference region

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

電波障害地帯
でんぱしょうがいちたい
radio wave interference region

ラジオ,テレビの放送電波がビル建造物,山岳などの影響で強い干渉や減衰を受けてゴースト混信が発生し,受信困難,あるいは不快な音声・映像を与える地域。また,外国からの強い電波が国内の放送帯を乱す場合や高圧送電線近傍 (電力送電線,電気鉄道などの付近) などでも起る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android