コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電球製造業 でんきゅうせいぞうぎょうelectric bulb manufacturing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

電球製造業
でんきゅうせいぞうぎょう
electric bulb manufacturing

電球を製造する産業。日本で電球製造が始ったのは,東京電灯会社の設立が認可された 1883年以後のことである。 86年藤岡市助の提唱によって白熱電球の製造,販売を目的とする資本金 2000円の合資会社白熱舎が設立された。当時の電球生産高については正確な資料がないが,90~91年頃はだいたい1日 15個程度であった。その後,技術が進むにつれて各種類の電球が発明され,製造業者の数もふえ一般照明用,自動車用,玩具,イルミネーションなど広く利用されるようになった。当初製造の主力であった白熱電球に,ケイ光灯など放電管が加わり,出荷数の割合は,一般照明用で白熱電球約 35%,ケイ光灯 65%となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android