電線着雪(読み)でんせんちゃくせつ

百科事典マイペディアの解説

電線着雪【でんせんちゃくせつ】

雪片が電線に付着してアイスキャンデー状に発達する現象。気温が比較的高く(0℃前後),風を伴った降雪があると,雪片の含水量が増大し,付着力が強くなるために起こる。着雪の重みで電線が切れたり,融雪時の反動で隣接電線と短絡するなどの障害が起こる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の電線着雪の言及

【着雪】より

…雪が湿っていると,水の表面張力の作用で特に着雪が起こりやすい。走行中の自動車や列車の車体への着雪や,みぞれが送電線や電話線に付着して起こる電線着雪などは湿雪着雪の好例である。送電線の周りに直径10~30cmの筒状の着雪が発達し,その重みで断線したり送電鉄塔が倒壊することがある。…

※「電線着雪」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

電線着雪の関連情報