コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電線着雪 でんせんちゃくせつ

2件 の用語解説(電線着雪の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

電線着雪【でんせんちゃくせつ】

雪片が電線に付着してアイスキャンデー状に発達する現象。気温が比較的高く(0℃前後),風を伴った降雪があると,雪片の含水量が増大し,付着力が強くなるために起こる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内の電線着雪の言及

【着雪】より

…雪が湿っていると,水の表面張力の作用で特に着雪が起こりやすい。走行中の自動車や列車の車体への着雪や,みぞれが送電線や電話線に付着して起こる電線着雪などは湿雪着雪の好例である。送電線の周りに直径10~30cmの筒状の着雪が発達し,その重みで断線したり送電鉄塔が倒壊することがある。…

※「電線着雪」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

電線着雪の関連キーワードアイスアイスキャンデーキャンデースキャンダラススキャンダル雪片ウイスキーボンボン水平スキャンレートスキャンデータサービスアイスキャンディー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone