コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雪片 セッペン

デジタル大辞泉の解説

せっ‐ぺん【雪片】

雪のひとひら。雪の結晶体が互いにいくつか付着して、ある大きさになったもの。 冬》「―のつれ立ちてくる深空(みそら)かな/素十
[補説]書名別項。→雪片

せっぺん【雪片】[書名]

高野素十の第2句集。昭和27年(1952)刊。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せっぺん【雪片】

雪のひとひら。雪の単結晶がいくつか付着して、ある大きさになったもの。数百の単結晶が付着したものをぼたん雪という。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

雪片の関連キーワードドップラーレーダヘレネ スワルトビデオゾンデドライアイス気象レーダーマンデルブロみぞれ(霙)雪(気象)物理気象学高野 素十電波気象学気象研究所スワルト人工降雨大気電気ぼたん雪電線着雪中沢新一雪あられユキムシ

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android