雪片(読み)セッペン

デジタル大辞泉の解説

せっ‐ぺん【雪片】

雪のひとひら。雪の結晶体が互いにいくつか付着して、ある大きさになったもの。 冬》「―のつれ立ちてくる深空(みそら)かな/素十
[補説]書名別項。→雪片

せっぺん【雪片】[書名]

高野素十の第2句集。昭和27年(1952)刊。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せっぺん【雪片】

雪のひとひら。雪の単結晶がいくつか付着して、ある大きさになったもの。数百の単結晶が付着したものをぼたん雪という。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

大阪桐蔭高等学校

大阪府大東市にある男女共学の私立高校。1983年、大阪産業大学高等学校(現・大阪産業大学附属高等学校)の分校として設置され、1988年に現名称で独立した。神奈川県横浜市にある桐蔭学園高等学校とは無関係...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

雪片の関連情報