コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雪片 セッペン

デジタル大辞泉の解説

せっ‐ぺん【雪片】

雪のひとひら。雪の結晶体が互いにいくつか付着して、ある大きさになったもの。 冬》「―のつれ立ちてくる深空(みそら)かな/素十
[補説]書名別項。→雪片

せっぺん【雪片】[書名]

高野素十の第2句集。昭和27年(1952)刊。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

せっぺん【雪片】

雪のひとひら。雪の単結晶がいくつか付着して、ある大きさになったもの。数百の単結晶が付着したものをぼたん雪という。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

雪片の関連キーワード偏・変・扁・片・篇・編・變・貶・辺・返・遍・邊・騙ドップラーレーダヘレネ スワルトドライアイスみぞれ(霙)気象レーダーマンデルブロビデオゾンデ雪(気象)物理気象学電波気象学高野 素十気象研究所スワルトユキムシ大気電気ぼたん雪電線着雪人工降雨中沢新一

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

雪片の関連情報