雪片(読み)セッペン

  • 書名

デジタル大辞泉の解説

雪のひとひら。雪の結晶体が互いにいくつか付着して、ある大きさになったもの。 冬》「―のつれ立ちてくる深空(みそら)かな/素十
[補説]書名別項。→雪片
高野素十の第2句集。昭和27年(1952)刊。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 雪の結晶が多数付着して、ある大きさになったもの。
※菅家文草(900頃)一・早春侍宴仁寿殿、同賦春雪映早梅「雪片花顔時一般、上番梅追歓
※道草(1915)〈夏目漱石〉九四「寒い風の吹く中に細かい雪片(セッペン)がちらちらと見え出した」 〔杜甫‐寄楊五桂州譚詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android