コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電解分極 でんかいぶんきょくelectrolytic polarization

1件 の用語解説(電解分極の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

でんかいぶんきょく【電解分極 electrolytic polarization】

電池系に電流が流れているときに,電池の端子間の電圧Uが,電流が流れていない状態での値U0からずれる現象を,一般に電解分極または電気化学的分極electrochemical polarizationという。また,UU0との差を分極電圧polarization voltageといい,その値は電流の大きさや向きによって変化する。電池の分極電圧は,電池を構成している各電極系における分極電圧と,電池内部の電気抵抗によるオーム降下(電流がI,内部抵抗がRならばオーム降下はIRで与えられる)との和に等しい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone