コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電解分極 でんかいぶんきょく electrolytic polarization

1件 の用語解説(電解分極の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

でんかいぶんきょく【電解分極 electrolytic polarization】

電池系に電流が流れているときに,電池の端子間の電圧Uが,電流が流れていない状態での値U0からずれる現象を,一般に電解分極または電気化学的分極electrochemical polarizationという。また,UU0との差を分極電圧polarization voltageといい,その値は電流の大きさや向きによって変化する。電池の分極電圧は,電池を構成している各電極系における分極電圧と,電池内部の電気抵抗によるオーム降下(電流がI,内部抵抗がRならばオーム降下はIRで与えられる)との和に等しい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

電解分極の関連キーワードリチウムポリマー電池可逆電池湿電池電流気体電池回路遮断器PEC局部電池レントゲン電流プレーナ‐ホール効果

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone