内部抵抗(読み)ないぶていこう(英語表記)internal resistance

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

内部抵抗
ないぶていこう
internal resistance

電池や発電機や真空管など起電力を有する能動素子自身がもつ抵抗を普通はいうが,電流計電圧計などの受動素子内部にもつ抵抗も内部抵抗という。前者の場合,内部抵抗を r とし外部に抵抗 R をつないだとき起電力 E によって流れる電流を I とすれば ErIRIV となる。 V はこれら素子の2つの出力端子間の電圧である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ないぶていこう【内部抵抗】

電気機器・電池・電気計器などの内部に存在する電気抵抗。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android