電鋳耐火物(読み)でんちゅうたいかぶつ(英語表記)electrofused refractory

世界大百科事典 第2版「電鋳耐火物」の解説

でんちゅうたいかぶつ【電鋳耐火物 electrofused refractory】

電気炉耐火物原料を溶融し,これを金属と同じように鋳型に注入して鋳込んだ耐火物。電鋳耐火物は1926年アメリカで開発され,アルミナ・シリカ質耐火物としてガラス窯に用いられて,革命的な耐用性を得たことに始まる。一般の耐火物が粒子結合して気孔が多いのに対して,電鋳耐火物は気孔のほとんどない一体組織をしているために,溶融物との接触反応が著しく少なくなり,耐用性が大幅に延長する特徴をもっている。また電気溶融により新しい合成鉱物が得られることも特徴であり,アルミナ・シリカ質の合成ムライト3Al2O3・2SiO2などがその例である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android