コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

霊宗神道 れいそうしんとう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

霊宗神道
れいそうしんとう

仏教神道の一つ。 (1) 釈潮音の『大成経』の原理に基づいて組織化した神道をいい,祖述者依田貞鎮の『霊宗全書』がある。アメノオモイカネノミコトを始祖とし,諸妄,諸恣のないことを霊宗といい,仏教の立場から,神道,儒教,仏教の統一をはかったもの。 (2) 天台宗の僧乗因 (1682~1739) の唱えた戸隠山霊宗神道。戸隠中院の祭神アメノオモイカネノミコトを教祖とし,『老子道徳経』を経典とし,戸隠山両界山脈伝授という独自の灌頂儀式を制定しようとしたが失敗し,乗因は八丈島に流された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

霊宗神道の関連キーワード斎元神道仏教

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android