コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

霊遊 れいゆう

1件 の用語解説(霊遊の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

霊遊 れいゆう

?-1869 江戸時代後期の僧。
浄土真宗。円通の弟子。西洋天文学に対して,仏教の立場から須弥山(しゅみせん)説を擁護し,「須弥界図説」「日月西行觖(にちがつさいぎょうけつ)」などをあらわした。明治2年死去。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

霊遊の関連キーワード宝如上人釈氏定規大瀛大濤道振新田雲里三上曇蔵密厳(1)明増誘苑