コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

霊隠寺 れいいんじLing-yin-si

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

霊隠寺
れいいんじ
Ling-yin-si

中国,浙江杭州西湖にある臨済宗の寺院。東晋の咸和1 (326) 年に慧理によって開かれ,幾多の興亡を経て現在にいたっている。伽藍が整備されていて,そのうち天王殿前には開宝2 (969) 年の経幢2基が建ち,大雄宝殿前には経幢と同時代の八角九層の大理石の石塔2基がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界の観光地名がわかる事典の解説

れいいんじ【霊隠寺】

中国の浙江(せっこう)省杭州(こうしゅう)(ハンチョウ)にある禅宗の古刹(こさつ)。東晋の326年にインド僧・慧理(エリ)が建造し、10世紀に五代呉越王の銭弘俶が改造した、中国禅宗十大古刹の一つである。最盛期の10世紀頃には、3000人以上の僧が居住した。寺内の天王殿には、中国最大の木彫り釈迦である弁尼の座像が安置されている。現在の寺院は、19世紀後半に再建された。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

霊隠寺の関連キーワード無準師範(ぶじゅんしはん)杭州西湖の文化的景観シー(西)湖西湖(中国)ハンチョウ密庵咸傑荒木素白仏教建築約翁徳検明極楚俊飛来峰契嵩皎然覚阿雪隠五山智融

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android