コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

経幢(読み)きょうどう

世界大百科事典 第2版の解説

きょうどう【経幢 jīng chuáng】

中国の仏寺大殿前庭などに建てられる,表面に経文を刻んだ石柱。唐代に創始された形式で,宋・遼時代に盛行したが,以降は衰退する。一般に,八角形柱状をなし,幢頂・幢身・台座の3部分より構成される。幢身には多くの場合陀羅尼(だらに)経文が刻まれ,台座は須弥壇式をなし,幢頂には火焰宝珠や宝形屋根がのり,また仏龕(ぶつがん)や瓔珞(ようらく)などの文様彫刻が施されたものもある。原形は傘蓋形式のものとみられている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android