興亡(読み)こうぼう

精選版 日本国語大辞典「興亡」の解説

こう‐ぼう ‥バウ【興亡】

〘名〙 おこることとほろびること。おこったりほろびたりすること。興廃
※空華集(1359‐68頃)五・乱後過無垢庵読壁上詩次韻「戦国亡艸木新 一庵無恙見芳塵」 〔欧陽脩‐朋党論〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「興亡」の解説

【興亡】こうぼう(ばう)

盛衰興敗。〔書、太甲下〕なれば惟(こ)れまり、なれば亂る。治とを同じうせば興らざる罔(な)く、亂と事を同じうせばびざる罔し。始厥(そ)の與(よ)を愼むは、惟(こ)れなり。

字通「興」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android