コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

霧らふ キラウ

デジタル大辞泉の解説

きら◦う〔きらふ〕【霧らふ】

[連語]《動詞「き(霧)る」の未然形+反復継続の助動詞「ふ」。上代語》霧や霞が一面に立ちこめる。
「秋の田の穂の上に―◦ふ朝霞いつへの方に我(あ)が恋やまむ」〈・八八〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きらう【霧らふ】

( 連語 )
〔動詞「霧る」に継続の助動詞「ふ」が付いたもの〕
霧や霞が一面に立ちこめている。 「秋の田の穂の上に-・ふ朝霞/万葉集 88

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

霧らふの関連キーワード万葉集連語

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android