コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青ナイル川 あおナイルがわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

青ナイル川
あおナイルがわ

ブルーナイル川」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

青ナイル川
あおないるがわ
Blue Nile

アフリカ北東部を流れるナイル川の二大支流の一つ。エチオピア高原タナ湖(標高1800メートル)に発し、南東へ200キロメートルほど流れたあと350キロメートル西流し、さらに700キロメートルほど北西へ流下し、スーダンの首都ハルトゥーム白ナイル川と合流しナイル川本流となって北流する。6~9月の雨期にエチオピア高原の西斜面に降る雨で増水し、その水量はナイル川本流の水量の68%に達する。しかし渇水期にはわずか17%である。古代から有名なナイル川の季節的な流量変化は、おもにこの青ナイル川とアトバラ川の流量変化によっている。なお、青ナイル川はアラビア語でバール・エル・アズラクBahr el Azraq、エチオピアのアムハラ語でアバイAbbai川とよばれる。[堀 信行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

青ナイル川の関連キーワードエチオピア(国)スーダン(国)ワドゥ・メダニセンナールエジプト

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android