コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青山貞 あおやま てい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

青山貞 あおやま-てい

1826-1898 幕末-明治時代の武士,官僚。
文政9年9月3日生まれ。越前(えちぜん)福井藩の藩校明道館の訓導,藩主松平茂昭(もちあき)の侍読となり,文久元年には藩命樺太(からふと)・蝦夷地(えぞち)を調査。のち国事に奔走し,維新後は参与職,秋田県知事などをつとめた。明治23年貴族院議員。明治31年11月22日死去。73歳。通称は小三郎。

青山貞 あおやま-ただす

あおやま-てい

青山貞 あおやま-さだ

あおやま-てい

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

青山貞の関連キーワード秋田魁新報青山 元明治時代青山元てい