青島 はな(読み)アオシマ ハナ

20世紀日本人名事典の解説

青島 はな
アオシマ ハナ

昭和期の女性 作家・参院議員の青島幸男の母。



生年
明治40(1907)年

没年
昭和59(1984)年3月26日

出生地
東京

経歴
青島幸男の直木賞受賞作品(昭和56年上期)のベストセラー小説「人間万事塞翁が丙午」の主人公、仕出屋の女将、青山ハナのモデル。実際も戦前から24年ごろまで、青島氏の生家だった東京・人形町の仕出屋・弁菊の経営者として手腕を発揮した“女傑”として知られた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android