青木包高(読み)あおき ほうこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

青木包高 あおき-ほうこう

あおき-かねたか

青木包高 あおき-かねたか

1743-1827 江戸時代中期-後期の和算家。
寛保(かんぽう)3年生まれ。信濃(しなの)(長野県)水内郡久保寺村の人。山田荊石(けいせき)にまなび,荊石の没後かわっておしえた。同地の久保寺観音に享和3年奉納した算額が現存している。文政10年6月28日死去。85歳。通称は吉左衛門。字(あざな)は勝之。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android