青木恵哉(読み)あおき けいさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

青木恵哉 あおき-けいさい

1893-1969 昭和時代の社会事業家。
明治26年4月8日生まれ。16歳でハンセン病にかかり,大正7年洗礼をうける。12年熊本の回春病院に入院。院長のH.リデルにより昭和2年伝道のため沖縄に派遣される。国立療養所愛楽園の創設につくし,13年実現させた。昭和44年3月6日死去。75歳。徳島県出身。本名は安次郎。著作に「選ばれた島」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android