青田刈(読み)アオタガリ

デジタル大辞泉 「青田刈」の意味・読み・例文・類語

あおた‐がり〔あをた‐〕【青田刈(り)】

稲が未熟なうちに刈り取ること。
青田買い2」に同じ。
[補説]2は、本来の言い方である「青田買い」の誤りが近年になり広まったもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「青田刈」の意味・読み・例文・類語

あおた‐がりあをた‥【青田刈】

  1. 〘 名詞 〙
  2. 収穫を急ぐあまり、稲をまだ穂の出ないうちに刈り取ること。
  3. あおたがい(青田買)
    1. [初出の実例]「青田刈りが常識となり、ひやかし半分に受験要領を受け取りにいった会社に」(出典:時間(1969)〈黒井千次〉一〇)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

選挙公営

国または地方公共団体が個々の候補者の選挙費用の一部または全額を負担すること。選挙に金がかかりすぎ,政治腐敗の原因になっていることや,候補者の個人的な財力によって選挙に不公平が生じないようにという目的で...

選挙公営の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android