コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青田買い あおたがい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

青田買い
あおたがい

企業が卒業前の学生を採用すること。農家が現金欲しさに収穫期前の水田作物を先物売りする「青田売り」の転用として 1960年代から使われるようになり,労働力の逼迫化した時代には「早苗買い」「籾買い」のことばも生まれた。「青田買い」を防ぐ就職協定は第2次世界大戦前からあり,戦後も 1952年,1972年などに締結されたが協定破りが続出し,有名無実化した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

あおた‐がい〔あをたがひ〕【青田買い】

稲の収穫前に、その田の収穫量を見越して先買いすること。
企業が人材確保のため、卒業予定の学生の採用を早くから内定すること。卒業前の学生を実る前の稲に、能力を収穫量にたとえた語。
[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「青田買い」と「青田刈り」について、どちらの言い方を使うか尋ねたところ、次のような結果が出た。
 平成16年度調査平成26年度調査
青田買い
(本来の言い方とされる)
29.1パーセント47.4パーセント
青田刈り
(本来の言い方ではない)
34.2パーセント31.9パーセント

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あおたがい【青田買い】

青田の時期に収穫を見越して先買いすること。
企業が、学生の採用を早い時期に決めること。青田刈り。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

青田買いの関連キーワード青田刈り・青田刈・青田苅り・青田苅チーモンチョーチュウインターンシップアイデンティティばくれつパンダモダンボーイズトップリード採用選考指針三浦エミリ長岡大喜青田刈り類家大地試験制度菊地浩輔白井鉄也青田刈ねじ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

青田買いの関連情報