静明(読み)じょうみょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

静明 じょうみょう

?-? 鎌倉時代の僧。
天台宗。藤原資能(すけよし)の子。比叡(ひえい)山で範源らにまなび,東福寺円爾(えんに)(1202-80)に参禅した。後嵯峨(ごさが)天皇に天台の教えを説いて法印となり,粟田口(あわたぐち)で学徒に教授した。この法流を行泉房流という。通称は粟田口御房。著作に「天台問要自在房」「心鏡論抄」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android