静明(読み)じょうみょう

  • 静明 じょうみょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

?-? 鎌倉時代の僧。
天台宗。藤原資能(すけよし)の子。比叡(ひえい)山で範源らにまなび,東福寺の円爾(えんに)(1202-80)に禅した。後嵯峨(ごさが)天皇に天台の教えを説いて法印となり,粟田口(あわたぐち)で学徒に教授した。この法流を行泉房流という。通称は粟田口御房。著作に「天台問要自在房」「心鏡論抄」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

静明の関連情報