コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

静明 じょうみょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

静明 じょうみょう

?-? 鎌倉時代の僧。
天台宗。藤原資能(すけよし)の子。比叡(ひえい)山で範源らにまなび,東福寺円爾(えんに)(1202-80)に参禅した。後嵯峨(ごさが)天皇に天台の教えを説いて法印となり,粟田口(あわたぐち)で学徒に教授した。この法流を行泉房流という。通称は粟田口御房。著作に「天台問要自在房」「心鏡論抄」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

静明の関連キーワード石川県金沢市材木町鎌倉時代玉泉山天台宗俊範陳苑政海

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

静明の関連情報