コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

非ノイマン型コンピューター ひのいまんがたこんぴゅーたー

4件 の用語解説(非ノイマン型コンピューターの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

非ノイマン型コンピューター

データの並列処理を行う、学習機能を持つなど、ノイマン型コンピューターにない新しい機能を持つコンピューターのこと。ニューロコンピューターやバイオコンピューターなどが、それに当たる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ひノイマンがた‐コンピューター【非ノイマン型コンピューター】

現在普及しているノイマン型以外のコンピューター。複数プログラムを同時に処理し、学習・推論機構をもつ、次世代ニューロコンピューター光コンピューター量子コンピューターなどを指す。非ノイマン型計算機。非フォンノイマン型コンピューター。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典の解説

ひノイマンがたコンピューター【非ノイマン型コンピューター】

現在普及しているノイマン型コンピューター以外のコンピューターの総称。脳の神経細胞に基づくニューロコンピューターや量子力学の原理を応用する量子コンピューターなどがあり、基礎的な研究開発が進められている。⇔ノイマン型コンピューター ◇「非ノイマン型計算機」ともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ひノイマンがたコンピューター【非ノイマン型コンピューター】

ノイマン型でないコンピューターの総称。データ処理の高速化・高度化のために、プログラムの一部をハードウエア化したり、並列処理機能・推論機構などを採用したりしたもの。 → ノイマン型コンピューター

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の非ノイマン型コンピューターの言及

【コンピューター】より

…たとえば,ノイマン型のCPUを並べた並列コンピューターは通常は非ノイマン型だが,狭義では非ノイマン型と呼ばない。 狭義の非ノイマン型コンピューターの代表的なものは,シーケンサーがプログラムの実行を逐次制御するのではなく,演算に必要なデータがそろうと演算が行われるというモデルに基づくデータフローコンピューターや,神経回路網をモデルにしたニューラルコンピューターなどである。
[可用性による分類]
 コンピューターを特定の用途向けに設計したときは専用コンピューターと呼ぶ。…

【コンピューターアーキテクチャー】より

…応用向きの特殊な回路で高速化,省電力化できるので,グラフィックスなど大量の利用が見込める応用では,WSやPCにもアクセラレーターとして組み込まれている。
[非ノイマン型コンピューター]
 先に述べた二つのコンピューターでは,いずれも制御装置の中にプログラムカウンターがあり,それで指された機械命令が実行される。この方式はフォン・ノイマンによって提案された方式で,ノイマン型コンピューターと呼ばれる。…

※「非ノイマン型コンピューター」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

非ノイマン型コンピューターの関連キーワードノイマン型コンピューターノイマン=コップの法則今の今までフォンノイマン物忌まひノイマンコップの法則バルタザール・ノイマン・アンサンブルコップ‐ノイマンの法則ノイマンの原理ノイマンの公式(電気回路)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone