非番(読み)ひばん

精選版 日本国語大辞典「非番」の解説

ひ‐ばん【非番】

〘名〙 当番でないこと。宿直の日に当たっていないこと。また、その人。
※源平盛衰記(14C前)二三「八箇国の大名小名眼前に打随て、四角八方に並居(ならべすゑ)つつ、非(ヒバン)当番して守護せらる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android