コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

非破壊分析 ヒハカイブンセキ

デジタル大辞泉の解説

ひはかい‐ぶんせき〔ヒハクワイ‐〕【非破壊分析】

試料を破壊、消費、損失することなく化学的な分析を行うこと。絵画や仏像などの文化財の調査、食品成分の分析や食味の測定に利用される。主な分析法として蛍光X線分析放射化分析赤外分光分析などがある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone