面従(読み)めんじゅう

精選版 日本国語大辞典「面従」の解説

めん‐じゅう【面従】

〘名〙 人の面前でだけ服すること。うわべかりへつらい従うこと。
※日本外史(1827)三「面従非忠也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「面従」の解説

【面従】めんじゆう

へつらう。〔漢書、成帝紀〕(建始三年冬十二月)戉申、日地震あり、甚だ懼る。其れ各失を思はば、白に之れを陳(の)べよ。女(なんぢ)面從し、いて後言ること無(なか)れ。

字通「面」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android