コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鯉口 コイグチ

デジタル大辞泉の解説

こい‐ぐち〔こひ‐〕【×鯉口】

断面が鯉の開いた口に似ているところから》
刀の鞘(さや)の口。
和服水仕事などをするとき、着物が汚れるのを防ぐために上に着る、口の小さい筒袖の上っ張り

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こいぐち【鯉口】

〔形が鯉の口に似ているところからいう〕
刀のさやの口。
口の小さい筒袖。また、その袖をつけて水仕事のときなどに羽織った衣服。
[句項目] 鯉口を切る

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

鯉口の関連キーワード鯉口を切る人力車舞楽面居合術鍔鳴り田宮流栗形鍔音小袖鞘口鎺金貴徳合口切る居合

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鯉口の関連情報