コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鞠山藩 まりやまはん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鞠山藩
まりやまはん

敦賀藩ともいう。江戸時代,越前国 (福井県) 敦賀地方を領有した藩。天和2 (1682) 年に若狭小浜藩酒井忠隆が弟忠稠 (ただしげ) に1万石を分与したのに始る。8代目忠経まで続いて廃藩置県にいたった。譜代,江戸城雁間詰。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鞠山藩
まりやまはん

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

鞠山藩の関連キーワード酒井 忠経

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android