敦賀藩(読み)つるがはん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

敦賀藩
つるがはん

越前(えちぜん)国敦賀郡鞠山(まりやま)(福井県敦賀市)周辺を領有した譜代(ふだい)藩。鞠山藩ともいう。1682年(天和2)小浜(おばま)藩主酒井忠直(ただなお)の遺領のうち敦賀郡と近江(おうみ)国高島郡(滋賀県高島市)の1万石が次子の忠稠(ただしげ)に分封され、忠稠は1687年(貞享4)に敦賀郡鞠山に陣屋を設け藩政をとった。その後、忠菊(ただきく)、忠武(ただたけ)、忠香(ただか)、忠言(ただのぶ)、忠盡(ただえ)、忠(ただます)と続き、8代忠経(ただつね)のとき版籍奉還を迎えた。小藩ながら忠香、忠の2名が若年寄を勤めた。なお1870年(明治3)藩名を鞠山藩と改称、同年9月本藩の小浜藩に合併された。[井上正一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android