コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

韓神祭 からかみのまつり

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

韓神祭
からかみのまつり

平安時代、宮内省に祀(まつ)られていた、南の園神社(そのかみのやしろ)1座および北の韓神社(からかみのやしろ)2座の祭り。園并(そのならび)韓ノ神祭ともいう。2月の春日祭(かすがまつり)のあとの丑(うし)の日と11月新嘗祭(にいなめさい)の前の丑の日に行われた。祭儀は、神祇(じんぎ)官が神饌(しんせん)を供え、神部(かんべ)が賢木(さかき)を立て、庭火を焚(た)き、御馬の引き回しのあと、まず園神、ついで韓神の神前で御巫(みかんなぎ)の祝詞(のりと)、御神子(おんみこ)の歌舞などを奉仕し、さらに園神へ倭舞(やまとまい)を奏して直会(なおらい)を行う。その後、両神前に神楽(かぐら)を奉納して終わる。鎌倉以降廃絶した。[森安 仁]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の韓神祭の言及

【園韓神祭】より

…平安京宮内省内にまつられていた園神と韓神との祭り。園・韓神は平安京造営以前よりこの地にあり,帝王を守らんとの神託により他所に移さずにまつられた。《延喜式》神名帳には〈宮内省に坐(いま)す神三座〉として,〈園神社 韓神社二座〉とあり,いずれも官幣の大社で名神,月次,新嘗などの祭りには奉幣にあずかった。韓神は《古事記》上巻には,大年神(おおとしのかみ)の子と見えているが,園神は大物主神(おおものぬしのかみ),韓神は大己貴神(おおなむちのかみ)と少彦名神(すくなひこなのかみ)の2神で,これらの神は疫病から守る神ともいわれる。…

※「韓神祭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

韓神祭の関連キーワード園韓神祭巫女舞